結婚式はする派?しない派?それぞれの理由を見てみよう!

結婚式

両家の挨拶が済んだあとは、いよいよ結婚式について考えます。

もしかすると、両家の顔合わせの際に、すでに結婚式の相談をされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、なかには「結婚式って必要なの?」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

今回は、結婚式をする派としない派の、それぞれの理由を見ていくことにしましょう。

 

結婚式をしない派?する派?それぞれの理由

しない派の理由

まずは、結婚式をしない派の方々の理由を見ていきましょう。

 

  • 結婚式にはやっぱりお金がかかる。
    ご祝儀でまかなえるなんて話も聞くけど、結婚スタート時に大きな出費は控えたい。
     
  • 結婚式自体が恥ずかしい。
    大勢の前で結婚式を行うことが難しいと感じている。

 

以上のような理由が挙がっていました。

結婚式には、どうしてもお金がかかってしまいますよね。

また、大勢の前で結婚式をすることが「恥ずかしい…」と感じる方も多いようです。

 

する派の理由

続いては、結婚式をする派の方々の理由です。

  • 結婚式は、一生に一度の思い出!
    花嫁姿は憧れだったから、結婚式をしないという選択はなかった。
     
  • 結婚式は、今まで関わった方に感謝の気持ちを伝える場でもある。
    けじめとして、しっかり行うべきだと思った。
     
  • 本音をいえば、結婚式が恥ずかしいと思っていた。
    大勢の前に立つのが苦手だったから、親しい人だけを招いて少人数ウェディングを行った。
    結果的には、やって良かったと感じた。
     
  • 結婚式は、ずっとふたりだけと決めていた。
    でも、親しい人にもお披露目したかったので、海外挙式のあとに1.5次会としてプチ披露宴を開催。
    思い出に残るひと時となりました。

 

以上のような理由が挙がっていました。

結婚式に憧れがあった方はもちろんのことですが、「感謝の気持ちを伝えたい!」という方も結婚式を行っているようですね。

 

それぞれの意見を踏まえて結婚式を考える

ここまで、結婚式をする派としない派のそれぞれの意見を見てきました。

結婚式に対する考え方は、人それぞれ。

もちろん、「結婚式をしない!」というのも一つの選択です。

 

しかし、結婚式を行った方々が、

  • 「やってよかった!」
  • 「思い出に残った!」
  • 「感謝の気持ちを伝えられた!」

と感じていることも、また事実。

結婚式をする意義は、大いにあると言えるでしょう。

 

結婚式は、おふたりの門出となる大切なイベント。

今一度、結婚式をするかどうか、おふたりでじっくり考えてみてはいかがでしょうか。