結婚の際の両家の顔合わせの進め方は?どんな流れで行うの?

顔合わせ

結納よりカジュアルな印象の、結婚の際の両家の顔合わせ。

儀式的な要素がないとは言っても、その場はやはり緊張するものです。

今回は、結婚の際の両家の顔合わせの流れや注意したいポイントについて、お話していきたいと思います。

 

結婚の際の両家の顔合わせには決まりがない

結婚の際の両家の顔合わせには、明確なルールがありません。

顔合わせを行う場所や、服装も人それぞれ。

両家でよく話し合って決めましょう。

その際には、両家のバランスをとるために、

  • 服装はどうするのか?
  • 手土産は持っていくのか?
  • ……

といったことを、しっかり決めておいてください。

また、顔合わせでお店を利用した場合のお会計は、結婚をするおふたりが出すとスマートです。

 

結婚の際の両家の顔合わせの流れ

続いては、結婚の際の両家の顔合わせの一般的な流れについて、ご紹介していきます。

 

1.待ち合わせ

5分くらい前には、待ち合わせの場所に到着しておきましょう。

早く到着したからといって、先に入店するのはマナー違反です。

 

2.全員が揃ったタイミングで入店

全員が揃ったタイミングでお店に入ります。

カジュアルな場ですので、席次にはっきりとした決まりはありません。

ですが、一般的なマナーとして、

  • 入口から遠い奥の席が男性
  • 入口から遠い手前の席が女性

を意識するとよいでしょう。

 

3.男性が紹介などをして進行

おふたり主催の顔合わせの場合には、男性がその場の進行をします。

まずは挨拶をして、集まってもらったことに対しての感謝を述べましょう。

なお、親が主催の場合には、男性の父親が進行となるケースが多いです。

 

4.両家の自己紹介

挨拶が済んだあとは、両家の自己紹介に入ります。

最初におふたりから自分の家族を紹介するのが基本。

ただ、自己紹介にも明確なルールはありません。

場の雰囲気に合わせて、自己紹介を行いましょう。

 

5.歓談

一通り自己紹介が終わったあとは、乾杯をして歓談です。

婚約記念品として婚約指輪をもらっている場合は、このタイミングでお披露目してもよいですね。

和やかな雰囲気で、親睦を深めましょう。

 

6.結びの挨拶

最後に進行役が結びの挨拶をして、顔合わせは終了。

主催がおふたりであれば、男性が挨拶をします。

両親への感謝の気持ちを伝えましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚の際の両家の顔合わせにはルールがないので、両家が満足できる顔合わせを行いましょう。

カジュアルな顔合わせであれば、肩肘張らずに楽しく過ごすことができますよ。

顔合わせは、両家がつながる大切なシーン。

「これからよろしくお願いします!」という気持ちを持ちながら、親睦を深めていきましょう。