婚約指輪をつけるタイミングって?いつまでつけて大丈夫?

婚約指輪

彼からのプロポーズの際に、「婚約指輪をもらった!」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、もらった婚約指輪を身につけるタイミングについて、お話していきましょう。

 

婚約指輪はいつからつけていいの?

「指輪をもらったけど、いつからつけるべき?」と悩んでいる方も多いかもしれませんね。

結論からお伝えすると、婚約指輪をつけるタイミングに決まりはありません。

そのため、「プロポーズの時にもらって、すぐに婚約指輪を身につける」という方が多いようです。

また、結納で婚約記念品として贈られた場合には、結納後に婚約指輪をつけるのが一般的です。

 

婚約指輪はいつまでつけていいの?

実は、婚約指輪を外すタイミングも、人それぞれ。

多くの方は、「結婚指輪につけかえるタイミング」で婚約指輪を外しているようです。

また、入籍をしたタイミングや結婚式をするタイミングで外す方も少なくありません。

明確な決まりはないので、「そろそろ婚約指輪をしまっておこうかな」と感じたときに外せば良いでしょう。

 

婚約指輪は会社につけていっても大丈夫?

せっかくもらった婚約指輪ですから、できることならば長い時間身につけていたいですよね。

では、婚約指輪は、会社に身につけていってもよいのでしょうか。

婚約指輪がOKかNGかは、その会社の雰囲気にもよります。

婚約指輪は、ダイヤなどがついていることも多く装飾性が高いケースがほとんどでしょう。

そのため、会社によっては「結婚指輪はOK」でも「婚約指輪はNG」としているところもあるようです。

また、会社で一緒に働いている人を考慮することも重要。

未婚の方が多い場合には「自慢」と捉えられてしまう可能性もあるので、身につけないほうが無難です。

不安な場合は、上司に婚約指輪をつけても大丈夫か確認してみましょう。

 

結婚後に婚約指輪をつけるタイミング

婚約指輪を外したあとは、大切にしまっておく方も多いですよね。

ですが、結婚後でも、さまざまな場面で身につけることができますよ。

華やかなダイアモンドの婚約指輪は、結婚式の装飾品としてぴったり。

手元を美しく見せてくれます。

また、結婚記念日のディナーなどにつけていくのもよいですね。

シンプルなデザインであれば、結婚指輪と重ね付けすることもできるでしょう。

大切なシーンで、ぜひ婚約指輪を活用してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

婚約指輪をつける期間などに、明確は決まりはありません。

ただし、会社につけていく場合には、注意をしたほうがいいかもしれませんね。

TPOを考えながら、楽しく婚約指輪を身につけましょう。