そもそも婚約とは?結婚式準備までの流れについて徹底解説!

婚約

プロポーズされてから結婚式準備までは、やることがたくさん。

なかには「そもそも婚約って何?」と疑問を感じてる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、

  • 婚約とは何なのか?
  • 婚約~結婚式準備までの大まかな流れは?

について解説していきます。

 

そもそも婚約とは?

そもそも婚約というのは、どのようなことを指すのでしょうか?

婚約とは、ズバリ「結婚の約束」をすること。

入籍とは異なり、書類でのやりとりはありません。

一般的にはプロポーズをし、承諾されると晴れて「婚約」となります。

第三者の立ち合いがなくとも、おふたりで「結婚をする」と約束した場合は婚約となります。

婚約~結婚式準備までの大まかな流れ

続いて、婚約~結婚式準備までの大まかな流れについてチェックしていきます。

1.プロポーズ

婚約の前には、プロポーズをします。

男性もしくは女性から、「結婚をしよう」と申し込みます。

男性からプロポーズをする際は、このときに婚約指輪を渡して結婚を申し込むパターンも多いですね。

2.婚約

プロポーズに承諾すると、「婚約」となります。

プロポーズの瞬間に婚約指輪を渡していない場合は、プロポーズが承諾されてから婚約指輪を買いに行くことも少なくありません。

また、必ず改まったプロポーズのかたちがあるわけではないので、お互いに「結婚しよう」という意思疎通ができていれば婚約となります。

3.双方の親御さんなどへ挨拶

おふたりの間で結婚することが決まったら、双方の親御さんなどに挨拶をしにいきます。

マナーをしっかり学んでから挨拶をしましょう。

  • 女性の実家に挨拶をして、結婚の了承をもらう

       ↓

  • 男性の実家に結婚相手として、女性を紹介する

という順番で行うケースが多いようです。

4.職場や友人に結婚報告

両家に結婚を認めてもらったあとは、職場や友人に結婚報告をします。

職場の場合は、

  • 直属の上司 → 上長 → 同僚

という順に報告をしてください。

5.結婚指輪を購入

順序が変わることも多いですが、結婚報告をしたあとに結婚指輪を購入する方が多いです。

結婚指輪は、一生つける大切なもの。

おふたりでじっくり選んでくださいね。

6.結納や顔合わせを行う

両家の顔合わせや結納を行います。

ここであらためて「結婚するんだ…」という実感がわく方も多いですよ。

7.入籍

いよいよ入籍です。

区役所に結婚届を出し、不備がなければ「夫婦」となります。

8.結婚式の計画を立てる

プロポーズの段階から結婚式の計画を立てる方も多いですが、入籍後に「どんな結婚式にしようか」と具体的な相談を始めるカップルも少なくありません。

また、入籍前に結婚式をするケースもあります。

まとめ

いかがでしたか?

以上が、婚約~結婚式準備までのおおまかな流れです。

やることはたくさんですが、楽しみも多いですよね。

これから結婚をする方は、ぜひ参考になさってくださいね。